マカの効果

インカ帝国時代から使われている滋養強壮薬

マカとは、アンデス山脈の高原地帯で栽培されているアブラナ科の植物。カブのような形をしている。厳しい外的環境に囲まれながらも、土壌の栄養分を隅々まで吸い取るため、栽培後の土地はしばらく使い物にならなくなるほどの育ち方をするという。
アンデス山脈と言えば、古くからインカ文明が栄えていた地域だが、紀元前のころから既に栽培されていた。インカ帝国では重要な植物として扱われており、上流階級のみに食用されていたり、あるいは戦争後の報奨の品として授けられていたりもした。滋養強壮や疲労回復の効果があるとして、当時から重宝されている。 現在でもマカに対する需要は世界的に高く、ペルーではマカをそのままの状態で国外へ持ち出すことを固く禁じている。

地中のミネラルを一身に蓄えたマカ

アンデス山脈の昼夜の温度差は激しく、普通の樹木は育つような環境ではない。よって、地中のミネラル分は植物に吸収されないまま残されており、ある意味で土壌は豊かであるとも言える。
マカは前述のように、そのような厳しい環境の中でも、地中にしっかりと根を張り、土壌に含まれている栄養分を残さずに吸収してしまう。その結果、手つかずで残されていた土壌の栄養分をマカの中にはギッシリと蓄えられ、滋養強壮などの効果を持つようになったのだ。
マカに含まれている成分を分析してみると、炭水化物、タンパク質、食物繊維、脂質などがバランス良く含まれており、必須アミノ酸を対象に含み、鉄分やカルシウムなども豊富。リノール酸などの脂肪酸、ビタミンB群などまで含まれており、栄養豊富な植物であると言える。

マカはあくまで栄養補給のサプリメント

非常にリッチな栄養分が含まれているマカだが、バイアグラのような即効性はない。身体のベース部分を底上げする効果はあるが、勃起力を一時的に急増させるといった効果はないので、その点は間違えないで服用する必要があるだろう。 反面、あくまで自然由来の成分のみが含まれているため、バイアグラで起きるような顔の火照り、鼻づまりといった副作用は起こらない。サプリメント本来の意義として持っている、身体の健康向上といった目的のためには、副作用が働かない分、バイアグラよりも効果的な面もある。 近年では更年期障害などにも効果があり、ホルモン補充に役立つという報告も出始めている。これからも未知の効果が見つかるかもしれない、と期待できるサプリだと言えるだろう。

What is it?
danger

竹越 昭彦 先生
(浜松町第一クリニック
浜松町院・院長)

日本人はマジメでEDになりやすい民族性。また、老化現象の一環として40代くらいから弱くなり、中高年では2人に1人がEDになります。でもバイアグラは、使い方と飲みあわせを誤らなければ、ほとんどの男性に効く薬です。あっさりと悩みが解決するかもしれませんので、まずは相談してみて下さいね。

【院長略歴】
・1966年 生まれ
・1991年 日本医科大学卒業
・1991年 日本医科大学付属病院
・1993年~2002年 東戸塚記念病院
・2004年10月 浜松町第一クリニック開院
・日本形成外科学会員
・日本美容外科学会員
・日本麻酔科学会員

浜松町第一クリニックHPへ